JBTF

お知らせ

「ブラインドテニスの日」:競技誕生30周年にあたって 2020/10/21

この度、日本ブラインドテニス連盟は競技誕生30周年にあたり、
10月21日を「ブラインドテニスの日」と定めることとし、
以下のメッセージを全国の関係者の皆さまにお送りいたします。

全国のプレーヤー、サポーターの皆さまへ

ブラインドテニスが生まれたのは、いまからちょうど30年前の1990年10月21日
のことでした。その日、埼玉県所沢市にある国立身体障害者リハビリテーションセンター
において第1回日本視覚ハンディキャップテニス大会が開催されたのです。
(視覚ハンディキャップテニスは2009年よりブラインドテニスと改称)

3次元の球技として視覚障害者でもプレーできるテニスへの模索は、それ以前の
1980年代半ばから始まっていましたが、用具や競技規則などの諸条件が整い、
全国大会の開催という形で結実することで、
ここに一つの競技スポーツとして確立したと言えるのです。

また、第1回の大会当日には、競技の普及を推進する統一的な組織として、
当連盟の前身である日本視覚ハンディキャップテニス協会の設立も決議されました。
すなわち、第1回大会という場は、競技確立という成果であるとともに、
その後、本テニスが国内各地および海外へも普及し、発展していくための
土台が作られた、出発点でもあったのです。

ここで、30年後の今日も、競技会開催や普及事業など私たちのこれからの活動を考える
うえでとりわけ重要だと考えられるのは、当時、用具の開発、技術指導、競技規則の作成
など、競技確立の過程においては、リハビリテーションセンターの体育教官をはじめ、
多くの障害者スポーツ関係者、日本女子テニス連盟の方々による
ご支援、ご協力が欠かせなかったこと、
また、視覚障害当事者も特にボール開発や実技を通して能動的な役割を果たしたこと、
そしてそれらすべての関係者の熱意と努力が一つになって実を結んだのが
第1回大会だったということです。

このようにブラインドテニス誕生の歴史を振り返り、1990年10月21日という日の
持つ意味をあらためて想起し、ここに、当連盟理事会は、
10月21日を「ブラインドテニスの日」として定めることとしました。
30周年は本年1回限りですが、ブラインドテニス誕生の日を、来年以降も毎年記念する
ことにより、この日を、プレーヤー、関係者の方々とともに、ブラインドテニスの
さらなる普及、発展に取り組む決意を新たにする機会としていきたいと思います。
今後とも、ご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

10月21日 ブラインドテニス誕生の日に
日本ブラインドテニス連盟会長 大野博文
*[PDF書類]

新型コロナウイルス感染症のブラインドテニス競技大会への影響について 2020/10/17

新型コロナウイルス感染症の影響により、
当連盟および関係団体が主催する競技大会のうち、
年内に計画されていた大会について、
以下のように、中止、実施見合わせなどの影響が出ています。

■JBTF主催大会
・第30回日本ブラインドテニス大会 9月予定 ⇒中止
■地域協会主催大会
・第18回ブラインドテニス中部日本大会(中部地域協会) 3月予定 ⇒中止
・第20回関東ブラインドテニス茨城オープン大会(関東地域協会) 5月予定 ⇒中止
・ダブルス大会(中国地域協会) 10月予定 ⇒中止
・第24回西日本ブラインドテニス大会(近畿協会) 10月予定 ⇒中止
・第1回ブラインドテニス東北大会in秋田(東北地域協会) 10月予定 ⇒中止
■その他、クラブ主催ローカル大会
・第8回オレスマカップ(オレンジスマイル主催、静岡県)
 10月予定 ⇒年内の実施見送り、日程調整中

また、本年6月にイタリアでの開催が計画されていました、
国際ブラインドテニス協会(IBTA)公認の国際トーナメントについても、
今年度の実施は見送りとなっています。

以上の競技大会のほか、交流事業、体験会、日常のクラブ活動など
地域での活動にも大きな影響が出ていますが、
夏頃からは、感染症対策をしながらの活動再開に向け、
各地域で模索が始まっています。
今後とも、ご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


   日本ブラインドテニス連盟理事会

中部日本大会中止のお知らせ 2020/3/12

来る3月20日(祝)に私どもが予定しておりました 第18回 日本ブラインドテニス中部日本大会につきまして、国内外での新型コロナウィルス感染拡大防止が叫ばれる状況下において、大会の開催を強行することは適当ではないものと判断いたしました。

大会を楽しみになさっておられた方々、試合に備え厳しい練習を重ねてこられた皆様の無念さは察しするに余りありますが、主催者といたしましても苦渋の決断でありますこと、ご理解、ご了承いただければ幸いに存じます。

今後とも当協会の活動に変わらぬご支援、ご協力何卒よろしくお願い申し上げます。

日本ブラインドテニス連盟 中部地域協会
会長  大野 博文

(大会情報)東北地域協会よりサン・アビリティーズ ブラインドテニス大会 のお知らせ 2019/11/3

日本ブラインドテニス連盟東北地域協会より、
令和元年度いわきサン・アビリティーズブラインドテニス大会
案内ページは下記のURLになります。(実施要項、申し合わせ事項等含みます。)

http://www10.plala.or.jp/sun-abilities/info.html

第19回茨城オープン大会の中止について 2019/10/10

日本ブラインドテニス連盟関東地域協会より、
第19回茨城オープン大会の中止について↓
http://kanto-bta.jpn.org/info/info-20191010/

株式会社正栄産業からボール価格の改定のお知らせ 2019/9/27

10月からボールの価格の消費税が10%になります。
12個で11,880円(10%税込)
1個900円+(消費税90円)
60個以上の場合12個で11,352円(10%税込)
1個860円+(消費税86円)
別途送料がかかります。

(大会情報)関東地域協会より第19回障スポ・オープン競技に関するお知らせ 2019/9/1

日本ブラインドテニス連盟関東地域協会より、第19回全国障害者スポーツ大会・オープン競技(ブラインドテニス大会)に関する案内ページ開設のお知らせです。大会案内ポスター、ドロー(対戦表)など各種情報が掲載されています。
第19回障スポ・オープン競技(ブラインドテニス大会)
案内ページはこちら↓
http://kanto-bta.jpn.org/info/iojp19/

新地域協会設立のお知らせ 2019/6/10

今年度より東北地域協会が本連盟に新たに加盟しました。
東北地域協会会長からご挨拶申し上げます。

東北地域協会会長の面川です。この度、6月2日に東北地域協会を発足する事が出来ました。これも皆さま方のご支援ご協力のお陰と思っております。ありがとうございます。東北地域協会では、遠方からでも足を運んで頂けるような魅力ある大会を開催出来ればと考えております。東北地域を盛り上げる為、頑張っていきますので宜しくお願い致します。

(大会情報)関東地域協会よりお知らせ 2019/5/14

日本ブラインドテニス連盟 関東地域協会より、
第19回 関東ブラインドテニス茨城オープン大会のお知らせです。

・開催要綱はコチラ
・申し合わせ事項はコチラ

メルマガが受信できないときは 2018/2/28

本連盟より大会情報等を配信しておりますメルマガにつきまして、特に携帯電話への受信を希望されているかたから、受信できない旨の問合せが寄せられます。

本連盟から配信されるメルマガは、パソコンから配信されたメールと認識されるため、ドコモおよびauの携帯電話をご利用されている場合は、迷惑メールフィルターにより受信されない可能性が高いようです。

また、パソコンで受信される場合につきましては、ご契約されているプロバイダーの迷惑メールの設定、ならびにご利用中のセキュリティーソフトにより受信できない可能性があります。

携帯電話ならびにパソコンでメルマガを受信できるよう、迷惑メールの設定およびセキュリティーソフトにて、有効な受信ドメインとして、以下の二つを追加してください。
メルマガが問題なく受信できている場合は、設定する必要はありません。

@jbtf.jpn.org
@jbtf.sakura.ne.jp

なお、携帯電話ならびにパソコンの迷惑メールの設定につきましては、ご契約中の携帯電話会社ならびにプロバイダーへお問い合わせくさい。


[≪前に戻る]

ボール購入ならびにリサイクルに掛かる送料について 2017/12/11

運送会社の「送料の値上げ」に伴い、ボールの購入ならびにリサイクルに関して、(株)正栄産業からの商品発送の送料が変更となりました。
送料に関しては商品注文後、(株)正栄産業より送られるメールをご確認ください。

ランキングについて 2017/7/27

JBTF会員各位

ランキング委員会です。

非会員の掲載につきまして、お知らせです。
これまで非会員であっても、ポイントがある限りは掲載させていただいていましたが、ポイントは連盟会員の特典であること、非会員の掲載はプライバシーの観点からも問題があるという点から、理事会にて今年度(平成29年度)から非会員の掲載はしないという事で決定いたしました。

瀬川 靖次

[≪前に戻る]

23インチラケットの試験的使用のお知らせ 2017/10/20

平成29年4月6日

JBTF会員各位

日本ブラインドテニス連盟理事会
23インチラケットの競技大会における試験的使用について

 この度、当連盟主催大会および連盟公認大会において、
試験的に、23インチのラケットの使用を可能とすることとしました。

 理由としましては、連盟会員に行ったアンケートにて、

  • 23インチまでのラケットを認めてもよいという意見が7割以上あったこと、
  • 長身の方や高齢の方への腰や膝への負担の軽減、
  • 国際ブラインドテニス協会(IBTA)基準では、日本のコートより少し狭くなったB1コートで、23インチまでのラケットの使用が認められていること、
  • 一般のショップなどでも購入しやすく、デザインも豊富となること、

が挙げられます。

 ただ、23インチのラケットが使用されることにより、ゲームバランスを崩してしまうことも考えられます。
そこで連盟としては、競技大会において試験的に23インチの使用を認め、その影響を検証することとしました。

 試験期間は、2〜3年後に行う予定の競技規則の見直しまでとします。
ゲームバランスを崩さないと判断されれば、競技規則を改定し正式に23インチのラケットの使用を認めるという流れになります。

 23インチのラケットの使用について、注意すべき点は以下の3つとなります。

  1. 当面は誤差を考慮し60cmまでを認める。
     23インチは約58.5cmですが、ショップオリジナルなどでは少し長めのものも販売されています。
    試合前にラケットの長さを測る際、上限を設けておいた方がいいと考え、余裕を持って60cmまで認めることとします。
  2. 試合前に必ず審判と相手プレイヤーに23インチのラケットの使用を伝える。
     あくまで試験的なものですし、23インチのラケットを使用されない方の意見もお聞きすべきと考え、上記を必須項目とさせていただきます。
  3. 大会によっては使用が認められない場合もある。
     今回、23インチのラケットの使用は、競技規則を改定したものではなく、連盟による検証の一環として実施するもので、連盟主催大会(日本ブラインドテニス大会)および連盟公認大会には適用されますが、
    それ以外の地域協会主催大会等については、各大会主催者のご判断にお任せしています。
    したがって、23インチのラケットの使用が認められない大会もあるかと思いますので、十分ご注意ください。
[≪前に戻る]
サイトトップ
©日本ブラインドテニス連盟
Powered by AD-EDIT