【目次】

  1. 競技全般について
  2. 試合方式について
  3. 試合前について(服装、サービス権、ボール選択、練習)
  4. 審判団からのお願い
  5. 競技運営側からのお願い

1.競技全般について

(1)競技方法
a. 予選(11月2日)
次の競技方法により、各クラスより2名が本戦に進むものとする。
①B1クラス男子は、予選出場11名によるトーナメントを行い、上位2名が本戦に進む。
本戦ドローでは、予選1位がNo7に、予選2位がNo2に入る。
②B1クラス女子は、予選出場4名によるトーナメントを行い、上位2名が本戦に進む。
本戦ドローでは、予選1位がNo7に、予選2位がNo2に入る。
③B3クラス男子は、予選出場6名を2つのブロックに分け、それぞれラウンドロビン方式(総当りリーグ戦)により各ブロックの上位1名が本戦に進む。
本戦ドローでNo2とNo7のどちらに入るかは、抽選により決定する。
④B2クラス女子およびB3クラス女子は、エントリーが規定の人数以内のため、予選は行わず本戦のみとする。

b. 本戦(11月3日)
トーナメントとする。優勝および準優勝を表彰し、三位決定戦は行わない。

c. 交流戦
①予選のうち勝ち残り方式のトーナメントで行われるB1クラス男子および女子の初戦敗者、および本戦トーナメントにおけるシード選手の初戦敗者については、選手の希望により、原則1試合ずつの交流戦を行う。
組合せおよび試合順は、当日の試合進行状況および該当選手等を踏まえ、大会本部にて調整する。
②前記のほか、大会最終日(11月3日)の主に予備会場において、選手の希望により、追加で敗者交流戦を行う。
ゲーム数および組合せ等は、当日の参加選手等により調整する。

(2)競技会場・コートおよび主な競技クラス
a. 予選(11月2日)

Aコート(国リハ第1体育館) B3男子
Bコート(国リハ第2体育館) B1女子(交流戦含む)
Cコート(美原中体育館) 11月2日は不使用
Dコート(美原小体育館) B1男子(交流戦含む)

 b. 本戦(11月3日)

Aコート(国リハ第1体育館) B1女子、B1男子
Bコート(国リハ第2体育館) 交流戦
Cコート(美原中体育館) B1男子の一部、B3男子
Dコート(美原小体育館) B1女子の一部、B2女子、B3女子