• 場所:第2回 韓国トーナメント 記念写真1
    ソウルのハンビ盲学校
  • 日程:
    6月2日(月)~4日(水)⇒予選大会
    6月5日(木) 決勝戦、及びDEMO
  • 開会式:
    6月5日(木) 09:00
    盲学校校長先生が11名ほど参加予定
    体育教師同伴参加
    10:00~日韓DEMOと韓国決勝大会開始

    • DEMO:角本勝 対 韓国代表選手のシングルス第2回 韓国トーナメント 記念写真2
      角本勝・妃奈子 対 韓国代表・呉貞全 のミックス
    • 決勝戦:
      午後2時から、韓国国内大会決勝戦
    • 参加者:
      全盲 男子6名、
      女子3名 計9名
      弱視 男子8名、
      女子7名 計15名
      小学生 5名
      合計 29名、
      総勢参加者 55名

2008年6月5日に行われた、韓国での第2回トーナメントに角本勝さん(兵庫県協会)が出場。
韓国ソウル一光(ハンビット)盲学校体育館で行われ、9時30分からセレモニーが始まった。

挨拶
韓国の皆様、こんにちは(アニョハセヨ)。
私は日本のブラインドテニスプレーヤーの角本と申します。
この度はお招きいただきまして、誠にありがとうございます(カムサハムニダ)。

私は目の見える妻とこのテニスを一緒に楽しんでいます。
二人でゲームもしますし、ペアを組んでダブルスもします。
二人でするテニスは本当に楽しいですよ!

韓国の皆様には、昨年初めてブラインドテニスを見ていただきました。
今では大会も開かれるようになり、日本で生まれたこのテニスがこちら韓国の皆様の手で実を結び、花を咲かせる事が出来たことを嬉しく思います。

またこれからもお隣の国である韓国と日本が、ブラインドテニスというスポーツを通じて友好を深めて行くことが出来れば良いなと思っています。
このようなテニスが世界に広まり、パラリンピック競技として行われることを、私は夢見ています。
最後になりましたが、今回の大会とデモンストレーションの運営にお力をいただいたスタッフの皆様、本当にありがとうございました(カムサハムニダ)。

10時30分ごろから韓国代表の選手と私のシングルス、韓国代表ペアと角本勝、角本妃奈子ペアのダブルスが行われました。 第2回 韓国トーナメント 対戦前
このテニスをし始めてまだ1年も満たない韓国プレーヤーの印象は、ストロークプレーはまだ弱いようであるが、これから徐々に力をつけて来ると思われるので、日本のプレーヤーは今以上の練習をしていかなければ、すぐに追い越されるであろう。

(報告 角本勝)第2回 韓国トーナメント 角本夫妻ペア

第2回 韓国トーナメント 韓国側応援 第2回 韓国トーナメント 対戦表